白猫プロジェクト 助っ人とは?AIが弱い?使えない?死ぬ?

白猫プロジェクト(白プロ)では、必ずって言うほど
クエストに自分のパーティー以外にも助っ人を連れて行くのですが

残念なことに、現状白猫プロジェクトでは
AIが未熟なのかどうか知りませんが、助っ人が使えませんww

使えると思うのは最初の方だけで
敵のレベルが40~くらいになると、勝手についてきて自滅してしまいます

そんな助っ人に関する記事

白猫プロジェクトの助っ人とは

白猫プロジェクト助っ人

白猫プロジェクトにおける助っ人とは
クエストを始める際に、必ず誰かしらフレンドやら、イベントクエストならイベントキャラを選択するようになっていて
自分のパーティー+助っ人でクエストを進めていくことになる

まだフレンドがいない場合は
このように検索ができる
そして、フォローしてクエストに助っ人として呼ぶことが可能になります

白猫プロジェクトフレンド検索

この際注意点として「オススメ」と「名前」っていうのがありますが
おすすめを選択すると自分のレベル相応のユーザーを探すっていうことなので
自分とほぼ同じレベルのユーザーしか出てこないのでおすすめしません。

ここは必ず検索して、自分よりレベルの高いユーザーをフォローするように!

検索のちょっとしたコツ

その検索するにあたり、ちょっとしたコツがあるのですが

例えば、助っ人として魔道士を呼びたい!ってなった場合
魔道士の名前「ミラ」とか「ハルカ」って検索すると
ずらっ~って出てくるので片っ端からフォローすると助っ人全員魔道士を選べるっていうことも可能です

ただ、それだとバランスが悪くなるのでおすすめしませんが(笑)

なので、自分が助っ人に来て欲しいキャラを
検索してみると何かしら引っかかるのでおすすめです♪

助っ人は弱い?使えない?死ぬ?

そんな助っ人だが
残念ながら役立つのは、中盤まで

敵レベルが40くらいを超えると
勝手に敵陣に突っ込んでいくだけで勝手に死ぬっていう流れがよくある

特に、魔道士、武闘家、アーチャーなど
防御力が低いキャラはすぐに倒されがち汗

助っ人はAIで、基本的にプレイヤーのすぐ後ろにストーカーのように付いてくるので
こちらが、前衛タイプで敵陣突っ込んでくと、魔道士であっても一緒についてくるので
扱いがめんどくさい

特に「助っ人が倒れずにクリア」などというミッションもあるクエストもあるので
ぜひ助っ人の扱いだけは身につけておこう!これはより詳しく説明するので少々お待ちを

コメントを残す